2018年のおめでとう

仙台一高

全員合格おめでとう

宮城一高 

全員合格おめでとう

仙台高専

全員合格おめでとう

仙台向山

全員合格おめでとう

仙台東

全員合格おめでとう

仙台高校

全員合格おめでとう

仙台西  

全員合格おめでとう

宮城農業

前期選抜合格おめでとう

名取高校

後期選抜合格おめでとう

 

立命館大学合格おめでとう

中央大学 合格おめでとう

宮城教育大 合格おめでとう

福島大学 合格おめでとう

東北学院大合格おめでとう

Twitter

お問い合わせ

TEL: 022-229-5037

月曜日~土曜日・祝日

15:00~22:00

日曜日(6月~3月)

13:00~19:00

 

お問合わせはこちらから

合格体験記

受験と戦ったワンゼミ生のイメージ
受験と戦ったワンゼミ生のイメージ

合格体験記というよりは感想です。せっかく書いてもらったので載せました。
書いてくれたみなさんありがとうございました。

仙台一高 普通科後期選抜合格T君

私は2年生まで志望校を考えておらず、

何となく一高にしようかなあぐらいにしか思っていなかった。

周りの人も特に考えている様子はなかった。

ところが3年生になって、受験の話題が出始め、

私立すら決めていなかった私は、正直焦っていた。

その後はオープンスクール、文化祭に行って、

私立は学院、公立は一高にすることに決めた。

そうすると勉強に身が入るようになった。

また周囲に勉強する仲間がいたことも大きかった。

 

冬休み・正月特訓・私立受験があっという間に過ぎ、

公立対策に入った時、私は壁にぶち当たった。

予想模試の点数が上がらなくなってしまったのだ。

そのまま公立の受験を迎え、合格発表当日になった。

落ちて駅のホームに向かう人々を見て、私は不安で仕方がなかった。

一高に着き、貼り出されていた紙を見たら、私の受験番号があった。

何度も見直した。泣くまではいかなかったが、嬉しさで足が震えた。

皆私とは違う高校に進学を決めた。ということは…

そうあの頃の楽しかった日々はもう永遠に戻ってこない。

 

2年生まで志望校を考えてなかったのは意外だなあ。

君の志望校を一高にしようと思ったのは、小6の春休みだよ。

縄文時代の話や電子顕微鏡を通して君と話していた時。

楽しいことを見つけるのが上手なこと、

冷静な分析と辛口のコメント。

 

「君はできる。何度もこの言葉に苦しめられてきた」から

始まるあの作文もかなり衝撃的だった。

自分で気づかないだけでたくさんの才能があるんだよ。

いちいち教えるのが面倒になるくらいたくさんある。

どのくらい開花させられるかはこれからの君次第だよ。

「視点を変える」と「感謝の心」さえ忘れなければ大丈夫。

 

入試前になって、あまりにも不安そうだから、君の後輩たちに聞いてみたら

「肝心な時にはいつでもしっかり結果を残してきた人だ」って言ってたよ。

褒められるのは苦手のようだけれど、

実は、君の静かな努力は、周りからはかなり光って見える。

 

合格おめでとう。

視点を変えながら高校生活を楽しんでいこう。

仙台東高校 普通科後期選抜合格Y君

私は中2の冬の時点で、5教科で140点という哀れな点数を取っていました。

毎日毎日サッカーとゲームに溺れて勉強など気にもしていませんでした。

3年生になったら勉強すればよいと思っていた私は、勉強を後回しにして成績が下がる一方でした。

 

そんなことになっていると気づいた私の親は、勉強を習慣化させるために

この「一橋ゼミナール」に私を入塾させました。

それからは、ゲームをやめ、サッカーと勉強に専念する日々へと徐々に変化していきました。

それが達成できたのは、私一人の力だけではありません。二人の友達が私に協力してくれていました。

 

この二人の友達は同じ中学校で私と同じ塾に通っていました。

二人はまるで家族のように一から十まで、どうしたら成績が上がるのか、評定が上がるのか

何度も何度も私に言い続けてくれました。

そのおかげで私は何とか勉強の楽しさに気づくことができました。

 

そのような支えもあり、私は中2の冬から208点成績を上げ、

352点で第一志望であった仙台東高校に合格することができました。

この合格は家族や塾の先生の力もありますが、

やはり最後まで私を見捨てず、声をかけ続けてくれた二人の力が大きいと思います。

二人には本当に感謝しています。何らかの形で恩返ししたいと思います。 

君を見直す出来事は3つあった。

 

一つ目は、君がスマホのゲームをやめたと言った時。

中3の4月頃かな。

実はやめていなかった。

でも「塾長が自分の言ったことを信じているし、

友達にもやめたと言ってしまったから、ゲームの話もできないし、

だんだん苦しくなってきたから、やめた」と言った時。

 

二つ目は、中総体の試合の君。

誰よりも上手で、自信にあふれ、みんなをまとめ、

よく考え、自分を抑え、みんなに頼られている。

勉強に対する態度とは正反対。信じられなかった。

だけどもし勉強にも自信が持てたなら、こうなるはずだと思った。

 

三つ目は、君の友達だ。なぜか絶対に見離さない。

別のクラスにしてもいいんだよと何回か言ったけれど、

彼らは構わないと言って、君にアドバイスをあげて助けている。

 

こんなにいい友達を持っている君は、さらに多くの良い仲間に出会い、

サボるために疑うことをやめ、素直に言うことを聞き、実行し始めた。

だから合格したんだよ。忘れないでね。

君とケンカしながら競っていたライバルと

ケンカしながら学校へ行こう。

東北大学 工学部合格N君

高校に入って入りたい大学がなかったので、偏差値が高い旧帝を目指そうと思いました。

こんなにも動機が不純であるのに頑張れたのはこの塾のおかげです。

ありがとうございました。

とりあえず旧帝生として85点を目指してテキトーに生活します。

 

君は東北大のオープンキャンパスに行った日のことを

すっかり忘れてしまっているようだから思い出させてあげよう。

1回目のだよ。

あの日、確かに君は「テキトー」に行ったのかもしれない。

化学が得意で好きだからそこに連れて行ったのに。

案内の手際の良さ、聴いている人を惹きつける説明、

自分の研究を楽しそうに話す人、研究を誇りに思っているところ、

学歴自慢を感じさせないところ、人柄の良さ。

あの環境と空間すべてに君は心を動かされ、

珍しく目を輝かせて、

「ここにいる自分を想像できた。

あの人たちと同じ大学に通いたい。」

と言っていたのに、おかしいなあ。

自分のいるべき場所を見つけたんだから、しっかりやって下さい。

合格おめでとう。

また忘れているようなら、2回目のオープンキャンパスの話をするよ。

 

仙台一高 後期選抜合格A君

早く書いて下さい。

合格おめでとう

電話の向こうで泣いている声を聞いてまさかとは思いましたが

相当苦しかったことが伝わりました。

 

いつも一位で当たり前。

試験前は誰よりも多くの試験対策プリントを終わらせる。

どんなに早く始めてみても、みんな結局君には抜かされる。

誰も君には追いつけなかった。

その集中力とスピード。

今までなかなか見たことがないよ。

妥協はいけない。

自分の才能を信じて高校でも頑張れ。

仙台高専 建築学科 一般入試合格Y君

早く書いて下さい。

やる気がなさそうなことをいうので何度もだまされましたが、

実はちゃんとやっていたのは確認していました。

君は何でも塾においていくからね。

初めは社会でひっかかり、何で覚えていないのかは思い当たることばかり。

最後に理科で苦労したのは予想外だったね。

自分の甘さを受け入れて、日々成長していく様子には感心しました。

また展示場に行こう。ビルも見に行こう。

5年後が楽しみです。

仙台南 普通科 一般入試合格S君

早く書いて下さい。

塾に入ってからの君しか知らないので、

ここに来る前の勉強ができないと思われていた頃はわかりません。

そんな頃があったとしても、

「どうせ俺なんてかなわない」的なことを言いつつも、

自分への期待をやめなかった君だから最後まで頑張れたと思うよ。

いつも正しいと思うことを主張して一生懸命話しているのを聞いていると

まっすぐ生きていると傷つくことも多いんだろうなと感じます。

理想をしっかり持って、たくさん悩んで泣いて笑って高校生活を送って下さい。

仙台向山普通科 後期選抜合格K君

私は中2でぐれた。

いや他の人に恵まれなかった。

先生に紙くずを投げたのは友達なのに、

なぜか私のせいにされ、評定を3にされた。


だがしかし志望校に合格することができた。

それはなぜか分かりますか?

その理由は努力したからでしょう(キラーン)

合格おめでとう。

ついでに学年1位もおめでとう。

 

いつも土日の塾は13時からですが、

前の日遅くに帰ったはずなのに

ワークが進んでいる形跡があったので、

土日の午前中を有効に使える子だと確信しました。

 

夏休みは、こんなに勉強したことがないと言っていましたが、 

時間はいくらあっても足りないのです。

君は急かされるのは苦手なようだから

のん気に毎日を過ごすためには早めのスタートが大事だよ。

 

高校は忙しいから、時間の流れがはやいのです。

野球も勉強もいろいろ頑張って

余裕のある楽しい高校生活を

仙台三高普通科 後期選抜合格 Y君

勉強を10月くらいから頑張ってすごく良かったです。

高校では入学前から勉強を続けたいと思います。

この作文のレベルはまずい。

期待通りです。

 

実は、君は、自分で自分のことをよく分かっている。

愚痴は言うけれど、ちゃんとやっている。

言い訳ばかりしてるから心配していましたが

君の「勉強していない」と

本当にやってない人の「勉強していない」には

大きな差があるんだよ。

よくやった。

普段話している言葉をなるべく難しい言葉にしていこう。

これからも どんどん夢を叶えていって下さい。

いつでも応援してるね。

 

仙台三桜 後期選抜合格 K君

今までありがとうございました。

僕が一年生のときは、成績がオール3で最悪でした。

しかし、中学校2年生の時にこの塾に入り、みんなに会って勉強し始めました。

ついに学年12位になり、周りから「宿題見せてー」と言われるほど頭が良くなりました。


しかし、中学校3年生になった時、ある事件が起こりました。

それは合唱コンクールで大失敗をしてしまったことです。

何回も声が裏返り、終わった時は一人泣いていました。

そんな時友達が僕を励ましてくれました。

とても嬉しくて、それでまた涙が出ました。友達が一番大切なんだと感じました。


そして、私立に向けて本格的に勉強を始めました。

一日に何時間も勉強して、こんなにつらいと感じたのは初めてでした。

だけど塾の友だちと一緒に勉強することでつらさも消えました。

一緒に同じ目標に向かって努力することはとても気持ちの良いことだと思いました。

そして私立を受け、無事に合格してとても嬉しくて、また涙が出そうでした。

本番の公立の試験では、緊張して手が震えてしまったけれども、

今まで以上の力を発揮し、良い成績で合格できました。とても嬉しかったです。

合格おめでとう。

合唱コンクールの話は必要なのか?

 

君が誰よりも努力していたのは、

中学生だけではなく、小学生も高校生もみんな知っていた。

みんなが君を応援していた。

 

塾で出会った人達は友達ではなく「仲間」です。

同じ目的に向かって頑張ることでつながっているからです。

君の努力をみんな認めていたし、尊敬していた。

自分の強みを生かして、実力をつければいいのです。

これからもそうやって生きていって下さい。

がんばれ、K君。

 

宮城工業 電子機械科 後期選抜合格 S君&R君

S君

 3月12日公立後期選抜発表の日、

目ざましテレビの占いで、さそり座は2位だった。

また、自己採点で300点を超えていたので、

もしかしたらと思い、体がうずうずしていた。

 前期で同じ高校を受けたが、結果は残念だった。

しかも後期も同じ高校にしたら、

倍率が高くて正直焦っていた。

空いている時間を使って勉強をした。

当たり前のことだったが大変であった。

そして後期試験当日になった。

今まで勉強したことを生かそうと頭を回転させた。

 

受験結果を見るのが怖かったが番号を探した。

すると見覚えのある番号が目に入った。

そう、自分の番号と Rの番号だった。

その時、体の力が一気に抜けた感じがした。

 必要な書類を受け取る時、先生から、

「これ以上目を悪くしないでね」と言われた。

理由は自分もメガネをかけると、

Rとの区別がつかなくなるからだ。

 ともあれ、二人で受かったので、

お金の心配もなく高校生活を送れるのは

良かったと思う。

双子で同じ高校に受かるのはDESTINYだと思った。

 

 

R君

 すべては、ガンダムから始まりました。

 僕は幼いころからガンダムが好きで、

今ではガシャポンをした数が50回以上です。

ガンダムのためにも僕は県工に行きたい

と思っていました。

 理由は公立に受かれば、お小遣いがもらえて、

たくさんガンダムグッズを集められるからです。

他にも、親孝行をするために

 S と二人で受かろうと思いました。

塾でたくさん勉強をし、友達もできました。

 そして3月12日、僕は S と母と3人で

合格発表を見ました。

今までの結果が実を結び、

なんと二人で合格することができました!!

僕の好きな歌の歌詞に

「限界なんてない…絶対なんてない」

という言葉があり、

僕はいつもその歌を頭の中で聞いていました。

 

 二人で受かった。ガンダム的に言えば

「こんなにうれしいことはない!!」


二人で合格おめでとう。

双子なので二人の文を並べてみました。

君たちは、兄弟というより、友達なんだね。

片方だけ先に来たりすると不安になりました。

受験前の模試で、二人の点差がひらいたりするとドキドキしました。

あの美しい間違いなおしノートは寄付してくれると嬉しいです。

 

もうメガネがあってもなくても見分けつくし、

電話の声も、だいぶ難易度が高いけれど、

聞き分けられないこともありません。

 

わざわざバスで来てくれてありがとう。

使用済みのバスカードはロボット製作キットと交換です。

ガンダムはよく分からないけど、楽しい高校生活を!



仙台商業 前期選抜合格 N君

私は1・2年生の時に勉強せずに遊んでいました。

2年生のころから志望校を考えるようになりました。

そして結果的に仙商を志望校に決めました。

それからずっと勉強していましたが、

2月3日の前期試験当日には緊張することがなく、

面接もいつもどおりにできました。

2月10日、前期試験に合格したことを知り、驚き、そして、嬉しかったです。

そんなに言うほど遊んではいなかったよ。

週に3日夜練をして、時間が空いたら走り込みをするのが

習慣になっている君たちにとっては

ちょっと遊ぶと遊んだ気になるのかな。

 

思いがけずに引退してしまった夏休み、君は毎日12時間塾にいた。

朝、昼、晩と環境を変えて

いろんな先生が君を飽きさせないように努力した。

体力があったからね。夏休みだけで100点上がった。

しかし、2週間それを続けた時、君はついに言ってしまった。

「部活がしたい」

 

あんなに頑張っていたことが急に途切れてしまった

君の空白を埋めるために

いろいろやったつもりだったんだけど。

こっちが泣きそうでした。

 

合格おめでとう。夢のようだね。

あの赤いジャージを着て、仙商で思い切りバスケをして下さい。

そして今度は君が中学生とバスケをしてあげて



仙台東 英語科 前期選抜合格 Y君

私は兄よりも先に高校に入学する予定だった。

しかし兄に先を越された。1・2年生の頃は受験をなめていた。

倍率を見ても受かるだろうと確信していた。

だが、兄に先を越されたせいか、3年生に進級する時にはとても焦っていた。

6月には中総体が行われた。

そこで負傷したことを口実に勉強から遠ざかった。

それまでもあまり勉強していなかったが、

それからは0と言っていいほどの学習量だった。

兄弟の中で一番頭が良かったからか、大人は私を心配することはなかった。

しかし、兄は違った。

「お前、勉強は?」や「余裕ぶっこいてると落ちるぞ。」と言われ

正直「バカに言われたくねえよ。」と思った。

そんな自分がバカだった。

心のどこかでは「やばい」と思っていた。

中総体が終わり、部活も終わった。

 

中総体の区大会、県大会、東北大会を見ましたが、

やはりスポーツをしている時は性格が出るものですね。

どの試合でも君は焦ったり慌てたりもなく。

努力したんだろうな。いろいろなことを。

あれは、「自分に対する信頼」ですね。

 

努力した分結果がでることを知っている君は

1科目ずつ順番に点数を上げていった。

よく何をすればいいか聞きに来たし、何をしているかを教えてくれた。

君の良いところは、きちんとしてないと気が済まないところ

もう一つは、責任転嫁をしないところ。

100回に1回くらい出る弱音はおもしろかったよ。

 

合格おめでとう。

次の勝負はもっと早めに仕掛けましょう。

 

ところで、兄達をかばうわけではありませんが、それなりにやったのです。

君は9時には寝てしまうから気付かなかったのです。

 

 

仙台向山 普通科 後期選抜合格 Yさん

早く書いて下さい

入試前の模試で抜かされたとき、

君はやっと受験が怖いものだと気づいたんだろうな。

それまでは自分の点数がどんどん上がって、

順位も上がって楽しかったはず。

 

不安になるんだよ。全力でやってないと。

自分はこれ以上できないと思えるくらい努力していればいいんだけど、。

あの時もっとやっていればとか、どうしてやらなかったんだろうとか

心にひっかかっていることがあると、それが不安の原因になるんだよ。

自信がなくなるから。

 

君は言い訳をするのをやめようとしてたし、

自分にできそうなことを考えて、いろんな課題を自分に作って、

クリアしようと努力してたよ。

君は、頑張ったから合格したんだ。

おめでとう。

 

高校に入ったからって気を抜かないでね。

仙台高専 機械工学科 一般入試合格 Yくん

僕は受験当日パニックになっていました。

最初の理科でこけたせいです。

試験が終わった後も2・3日うまく寝られなかったくらいです。

しかし結果は上々だったのでなんだか損をした気分になりました。

でもその分喜びも大きかったので、

そういう面では得をしたのかと思いました。

君は目を離すと数学ばかりやる。

他のもやるように言うと理科をする。

また目を離すと数学をしている。

 

君には何度も高専の入試のシステムを説明した。

数学だけでは勝てないことを何度も何度も話した。

作戦会議も多かった。

ダメ出しばかりで、めったに褒めなかった。

 

だけど、今年一番頑張ったのは君だ。

おめでとう。

君は高専生だ。

仙台高専 環境マテリアル工学科 推薦合格 Fさん

私が仙台高専に入りたいと思ったのは、この塾に入ってからです。

それまでは進路について、軽く考えていたように思います。

塾に入ってからは、毎日が勉強で大変でした。

しかし、それまで苦手だった教科の点数が上がったり、

毎日の積み重ねで内容を理解できるようになっていきました。

入試の1か月くらい前からは作文の練習が始まり、

今までにないくらい作文を書きました。

今思うと、作文を書いたことで、自分がどうして高専に入りたいのか、

整理できたのと同時にそれが面接にもつながりました。

合格したときはとても嬉しかったです。

今はとてもわくわくしています。

ものづくりとか実験が好きだなんて、

見た目からは全く想像できなかった。

とにかく作文で苦労したね。

志望動機以外なら言葉が出てくるのにね。

書けないまま時間が過ぎていくのは、見ている方もつらかった。

でもだんだん書けるようになっていったのは、

自分でいろいろ調べたり、書けるようになりたいっていう君の気持ちの強さだよ。

文章は人柄が出るから、君の文章は読んだ人が優しい気持ちになれる。

新作が読みたくて、次々課題を与えてしまいました。

 

英語で苦労した話はまた今度。 

合格おめでとう!楽しい高校生活を!


 

仙台工業土木科 後期選抜合格 Tくん

早く書いて下さい

ゴールまでの点数も内申点も君は遠かった。

解くのが遅い君はipodを没収、pspを没収、

みんなが帰った後も一人で補習。

相当辛かったはず。

 

君は妥協しないで高校を受験して合格した。

家族の期待に応えた。

無理だと思われていたことに挑戦して、後輩たちに希望を与えた。

誰もやったことがないことを成し遂げた。

君は全然気づいていないけれど。

 

入試が終わり、家に送っていった最後の日、

「おれはこれからゲームをするぜ!」

と言った君の笑顔は本当に輝いていて忘れられない。

 

合格おめでとう。

仙台西 前期選抜合格 Mさん

-2月12日。ついにその日はやってきた。

合格発表の日だ。

私は一人で歩きだした。

西高校に到着した。私の番号は…

まさか、と思い何度も受験票の番号を確認した。

やはりそれは、私の、他の誰のものでもない、ただ一つの私の番号だったのである。

その時の喜びというものは、今まで体験した事がない唯一の喜びだった。

 

努力した分、得られる喜びは大きい。

それはどんなものにも代えることはできない。

私は思う。

受かるんじゃね?ということは絶対にあり得ない。

そしてもう一つ。

勉強をすればするほど自信がつく。

それが一番大切なことなのである。

長いよ。長いから後半をカットしました。

 

君は分からなくなるとすぐに嫌になる。

分かるようになるとすぐに機嫌を直す。

もうちょっと自分をコントロールできた方がいいんじゃないのかな。

機嫌がよいときは苦手な数学・理科を渡してたのは気づいてたのか?

自分で苦手な科目を何とかしようとしてたのはちゃんと見てたよ。

自分を追い込んだりもできるし、努力家だと思うよ、本当は。

 

合格おめでとう!

自分の感情に振り回されないで、楽しい高校生活を

 

仙台向山普通科 前期選抜合格 Nくん

 

早く書いて下さい

入試制度が変わって大変だった、君たちの入試。

 

「中総体の振替休日から試験勉強を始める」という約束をした。

まずは試験範囲分の教材40ページ分を清算してもらった。

君はたった1日で、しかも、3時間で終わらせてしまった。

まだ心配だと言うから、「2時間でできる」と冗談のつもりで渡した大量の教材は、

「4時間かかった」と言って、また1日で終わらせてしまった。 

どんなにやっても、「まだ足りない」って言われる。

すごく伸びたね。おめでとう。

 

高校でも心配しながら頑張って下さい。

こういうのは心配性ではなくて、自分に厳しいっていうんだよ。

 

仙台三高理数科 推薦入試合格 Mくん

 

中学3年生に立ちはだかる「受験」。
それは大きすぎる存在だ。

本当につらく逃げ出したかった。
それでも合格するために必死だった。
合格発表で自分の番号があった時は、
本当に嬉しかった。
この日のためにやってこれて
よかったと思っている。

君の課題は、国語と英語と社会だった。
数学と理科さえできればいいと思っている君に
無理やり1年生からの英語をやらせた。
180ページあるワークを3冊渡したんだ。
君ははとても気の毒になる顔をしていた。

でも本当によく頑張ってたんだよ。

みんなが授業でいなくても、一人でずっと机に向かっていた。
君のワークは着々と進んでいた。

国語が大嫌いな君の作文対策は小学校の漢字から始めた。
社会は国語と英語よりはましだったんだろか。ワークを何周もやってた。

受かった日のことをどうか忘れないで。

仙台高専 建築デザイン学科 一般入試合格 Hくん

私立高校の受験が終わり、
一段落つこうとした僕に塾長は言った。
「あと5年分やってね」

そう、僕に待っていたものは
高専の過去問9年分だった。
この日から僕の死闘が始まった。
疲労が僕の体をむしばんでいった。

そしてついに受験当日を迎え、
受験を終えた僕に待っていたものは不安と絶望感。
負のスパイラルが僕を襲った。

発表の日、給食の時間、憂鬱な僕に
担任の先生が言った。「合格おめでとう」  

君の課題は全体的なランクアップと内申点だった。

「この点数では勝負できない」と言った日、
君は「死ぬ気で頑張るから何点取れれば絶対受かるの」と聞いてきた。

「この内申点では受からないと思う」と言った日、
君は「こんなに頑張ったのにランクを落とすのは嫌だ」と言った。
私が今年一番悩んだのは君の志望校だった。

そこからどれだけ頑張ったかはちゃんと見てたよ。
君が一番頑張った。みんなが認めてる。

君が相当な覚悟で臨んだからつかんだ合格だよ。

おめでとう。

仙台一高 推薦合格 Sくん

早く書いてください

君には課題という課題はなかったのに
順調に入試への準備をしてきたのに、
入試直前の体調不良は見ていてもつらかった。

それまで努力してきたことを信じていても 
発表まで気が休まる日はなかっただろうね。
君の合格の知らせは、自分のことのようにうれしかったよ。

あんなに自分と戦うようなことはもうない。
あの時期は、きっとこれからの君の財産になるよ。

鍛えられたね。強くなったよ。
おめでとう

仙台高専建築デザイン学科 一般入試合格 Nくん

仙台高専に合格するまで、僕は勉強の大変さ、
今まで勉強をやってこなかった分の苦しみを体験しました。
本当に辛かったです…。

でもその分、合格した時の嬉しさはとても大きく
今までの苦しみを無くしてくれるような感じでした。
この結果も努力あってこそのものだと僕は思います。

君の課題は英語と国語。

でもそれよりも頑張り始める前に習ったところを
やり直すのが大変だったね

「やってもあがらない」
そう言ってなんでもない顔をしてるけれど
本当はすごく悔しかったのは伝わってきてた。
君はあきらめずに頑張り続けた。
そうしてどんどん点数を上げていった。

「追い込まれないとがんばれない」と言っていたけれど
追い込まれてから必死に頑張る姿は見ていてつらいんだけどね。

おめでとう。
これからは追い込まれなくてもがんばって下さい。